« またタイムリーな(^_^;) | トップページ | レスポンス猛然と悪化 »

2006.07.07

325巻『七銀河同盟』

 来週アタマに配本予定の325巻。

Pr325

 えーと、翻訳も私。

 前半は「宇宙のチェス」サイクル最終話。 最後は将棋風にいうと、詰めろがかかってて、一手指すたびに、それが詰めろ逃れの詰めろになるっていう展開。 さっぱりわけわかんない説明ですね。(^_^;)

 後半は「公会議」サイクルが開幕! いきなり正攻法できたよ~。
これはびっくりした。 まさか、敵のボスキャラからはじまるとは。それとも、ボスキャラじゃないのか? あんまり先まで読んでないんで、なんともいえませんが。

 とにかく、この公会議サイクルは、正攻法の侵略がテーマになりそう。 間違ってたらスマソ。

 あと、あとがき短くてすんません。折り=32ページ1折りの、印刷の単位。 これがぴったりなもんで、行数調整しますた。 ふつう、小説では行数調整しないんだけど、あとがきだからいいかなと。 折りがぴったりにおさまると、なんとなく気持ちがいいのです。 もちろん、実務面でも、そののほうがメリット多いし。

|

« またタイムリーな(^_^;) | トップページ | レスポンス猛然と悪化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10821904

この記事へのトラックバック一覧です: 325巻『七銀河同盟』:

» 巨大なちりまみれのポテトチップスの中での、ふたごの爆発 [宇宙の傑作艦]
ESO 17/06 - 広報写真 2006年5月11日 直接発表用 巨大なちりまみれのポテトチップスの中での、ふたごの爆発  マルチ=モードFORS装置を実装したESOの超巨大望遠鏡が、NGC 3190、あまりにゆがんでいるため、天文学者がふたつの名前を与えた銀河の画像を撮像した。そしてそれが正しいことを証明するかのように、2002年ほぼ同時に、極めて希有な事象の、ふたつの星の爆発の光が放たれた。  この美しい真横からの渦巻銀河はきつく曲げられた渦状腕をもち、ねじまがった形... [続きを読む]

受信: 2006.07.07 21:19

« またタイムリーな(^_^;) | トップページ | レスポンス猛然と悪化 »