« 本日決勝、親王牌 | トップページ | まだくやしい »

2006.07.04

親王牌は後閑

 後閑が早めに捲った手島を最後にかわして、はじめての親王牌V。 3着は慎太郎。 7-2で4000円。 後閑のGIタイトルは、去年の競輪祭につづいて、ふたつめ。 なんだかほんとに大器晩成だなあ。

 やっぱり、岡部が単騎になったことで、山埼が動きにくくなり、海老根ラインがだんぜん有利になった。そこまではいいけど、手島の捲りが微妙に早すぎたね。 おかげで、後閑が差せたかたち。

 あたしゃ、岡部の意気に乗ったほかは、手島にかけたんで、あえて裏は返さずに撃沈。orz

 しかし、今回の親王牌はおもしろいレースが多かった。 最後、岡部のおかげで、異様に盛りあがったし。北津留の特別1勝は、オールスターにおあずけになったけど、これはまあいいや。

 そーいうことで、次はサマーナイト。 あ、これにも北津留出るんだった。 追っかけがつづくなあ。(^_^;

|

« 本日決勝、親王牌 | トップページ | まだくやしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40142/10786646

この記事へのトラックバック一覧です: 親王牌は後閑:

» 寛仁親王牌回顧 [公営競技はどこへ行く]
第15回 寛仁親王牌・世界自転車記念トーナメントは4日、決勝戦を迎えた。 まず、4・合志正臣が前に出て、8・渡部哲男−合志、1・山崎芳仁−3・佐藤慎太郎−6・内藤宣彦、9・岡部芳幸、5・海老根恵太−2・手島慶介−7・後閑信一。 残りあと2周で山崎が前に出るが、ジャン前からすかさず渡部が巻き返しに出る。しかし佐藤の横で一杯加減となり、山崎後位は外に膨らむような格好。 �... [続きを読む]

受信: 2006.07.05 14:37

« 本日決勝、親王牌 | トップページ | まだくやしい »