2006.07.03

サマータイムマシン・ブルース

 とーこちゃんはいま、WOWOWに凝っている。5月に、ストーンズのライブを見るため、1カ月のつもりで申しこんだところ、すくなくとも3カ月は解約できないとのことで、意地になって見ているのだ。(^^

 おかげで、ふだんなら、たぶん見なかったはずの映画に出会った。 『サマータイムマシン・ブルース』。 これおもしろい。

 知ってる役者は、ほとんど出てない。 主役クラスでは、上野樹里と佐々木蔵之助だけ。でも、ストーリーにどんどんひきこまれていく。その2~3日前、『真夜中の弥次喜多』だっけ? あれ、見はじめて、10分ともたなかったので、ぜんぜん期待してなかったのに。

 ま、SF研出身者としては、地球上にあーいうSF研は存在しないと思うけど(麻雀やんないんだもん。 それとも、あるのか?)、そーいうのはいい。 ストーリーがじつにうまくつくってあるのだ。

 哀・戦士だったかな? のポスターが貼ってあったり、トレッキーをくすぐるシーンがあったり。 事情を知る者(笑)がつくってる感じが、ひしひしと伝わってくる。タイムマシンからしてアレだったし。それをカッパの甲羅にしたアイデアも秀逸。

 この映画、秘密結社の長老のひとりS司さんが、初舞台のときからずっと見ていて、すごい作品とは聞いていたが、ほんとにいい作品ですた。

 ちなみに、S司さんはこの映画を見るとき、同じ秘密結社あ、さんと偽装夫婦になり……おっと、これはいっちゃいけない話だった。(^^)

 とにかく、おもしろいっすよ。サマータイムマシン・ブルース。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.30

だから、はじめてじゃないって

 井上「茜」真央ちゃんが、「家庭教師のトライ」のCMに、出演するそうで。 けさ、『めざましテレビ』で見せたいっこく堂のまねは、思わず歓声をあげたほどの芸。 あ、そーいう話ではなくて。

 サンスポがこのCM出演を記事にしてる。「井上真央がCMに初出演―家庭教師のトライをPR」というやつ。

 でもねー、CM初出演じゃないでしょ? 真央は最初、なんで出てきたんだよ~。池脇千鶴ちゃんの妹じゃん。三井のリハウス。それに、茜をやってたころにも、ヘアカラーかなんかのCMに出てたし。

 だから、この「初」は思いっきり間違い。サンスポは芸能ネタって、意外と弱いんだよな~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.20

7月はスカパー!の季節

 きのうとどいた『CLUBスカパー!』を、けさ見てみたら、なんだか無意味に熱い。(^^)

Ska

 どうも、ウルトラマン・シリーズをあちこちでやるそうなのだ。劇場版コスモス2本はチャンネルNECO。 Nプロジェクトの『ULTRAMAN』は、キッズステーション。 この『ULTRAMAN』は録画しようっと。

 テレビ版では、TBSチャンネルでティガの前半30話を一挙放送。 コスモスの後半も。ファミリー劇場ではAが終わって、初代がはじまる。

 しかも、これだけじゃない。『日本沈没』公開にあわせて、日本映画専門チャンネルが、7月15日22時から24時間、「東宝パニック特撮の世界」という特集を組んでる。

 オンエア作品のうち、まだDVDに焼いてないのは……水野久美さんのバラゴン、去年撮りそこねたゴラス、いちおうドゴラものこしとこうかな。あと、各作品の劇場予告編というのが、挿入されるらしい。うひうひ。

 まだある。7月3日深夜から、『ブレイブストーリー』の公開記念で、『青の6号』のOVAが一挙放送ですよ。うひうひうひ。 私は興味ないけど、同時に『雪風』もやるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.11

ボウケンジャー#17

 なんだか、先週につづいて、またほぼリアルで見てしまった。

 先週から登場した、第10の飛行メカ(メカ多杉(^^; )、射出方法にしても、飛行姿勢や合体のしかたにしても、なんだかジェットスクランダーみたいだ。 なつかし~。

 えーと、それで、アシュですか。 人間の亜種? 違うな。 阿修羅? それも、六道のほう。 こっちのほうが、意味(外見)としては正しい感じ。 人道と畜生道のあいだってことで。

 アシュはネガティブシンジケートとは別系統の敵になるみたいだけど、そうすると、まだまだ敵キャラの種類が増える可能性があるのかね。 あんまり増やしても、敵の魅力がそれだけ稀釈化しちゃうと思うけど。ガジャの出番が、それだけすくなくなるし。

 でもまあ、そこそこおもしろいから、いいか。

 ちなみに、メビウスは予約録画からはずしました。 ネクサスだってはずさなかったのにー。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006.05.27

X-MEN3公開!

 きのうというか、きょうというか、アメリカでX-MENの最新作『X-MEN the last stand』が公開された。トレーラーサイトはこちら

 うひゃすごい。 前2作と、ほぼ同じキャストだ。 とくに、ハル・ベリーはギャラが高騰しすぎて、たぶん登場しないだろうといわれてたはずなのに、ずっと出ずっぱりらしい。 まあ、このX-MENはハル・ベリーの作品だからね~。 あと、ピカード艦長も健在。 ローガンも。

 トレーラーサイトを見るかぎり、今回の敵はマグニートーだけでなく、謎の第三勢力も登場するらしい。いままでにも増して、いい感じだ。

 ここ10年くらい、ハリウッドSFは勝率1割くらいで、評価できる作品があんまりないんだけど、これはぜったいにおもしろい。

 じつは私、SFのテーマでいちばん好きなのは、どうもミュータント・テーマらしいのだ。『スラン』の昔から、あるいは『009』の昔から、好きな作品には、たいていミュータントが出てくる。もちろん、ろーだんもだけど。

 日本公開は夏休み。8月の予定。 X-MENについて、くわしくは、SF映画データバンクのこのあたりを。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.05.18

ボウケン見た

 たまってた3本をいっきに見た。 こっちはおもしろい。 ただ、11話は3話連続の解決編だったんで、前の話をほとんど忘れてた。(^_^;)

 その11話、レッドが最初の印象より、すこし軽くなってきたかも。 それでも、行動パターンはなかなかハード。上部組織であるサージェスも信用してないわけで。

 でも、いちばんウケたのは、ガジャの「私にいまどきの機械のことを聞くな~!」ですた~(爆)。 いまどきなんて流行語を知ってるのね。(^^)

 12話はさくらさんが、めちゃめちゃにかっこいいお話。 昔のツテをたどって、 M16だのなんだの、J隊が装備してないような武器まで、大量に持ってくるし。ある意味、理詰めにはじけまくり。 いままでで、いちばんおもしろかったかも。

 そして、13話ですよ。柳沢なな姫。しばらくぶりで見たけど、存在感はとびぬけてます(そっちのほうの話にいくか)。なな姫を最初にすごいと思ったのは、大河『利家とまつ』の麻阿姫を熱演したときだけど、それ以来、どうも売る方向が見えてこない。

 でも、これだけのオーラをはなってるんだから、役者一本で行くべきだと思いますよ >サンミュージックさん。

 あ、お話はかぐや姫で、蒼太の魅力炸裂ですた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.05.17

メビウス見た

 たまってた2本を見た。けど、どうもピンとこないな~。つまんなくはないけど、響くものもなくなっちゃった。マリナ隊員はそこそこよくなってきたけど、それだけ。 なので、定期レビューはやめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

メビウス#4

 3話で力つきたか。 マックスなみのゆるゆるになった。脚本家がアレだからな。 『ウルQdf』では、目もあてられないってほどでもなかったけど、マックスは破綻しまくってたもんね。

 それでも、隊長と総監代行の思わせぶりな態度とか、次につながる部分はありましたが。

 あとはとくに見るところなし。

 次はサドラー。 ツルギも登場。 サドラーって、帰マンではオンビキがついてたのに、今回はつかないらしい。

 しかし、 ひと目でサドラーってわかるところをみると、帰マンまでの怪獣はぜんぶおぼえているらしい。 あとは、エースで3割、タロウで1割くらいか。 レオはほとんど見てない。 80は好きで、ずっと見てたわりに、怪獣の名前はぜんぜんおぼえてないな。

【5.6追記】
5.3付のブログタイトルが、当初「マックス#4」になってますた。キャンプに気をとられて、ぼけまくり。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.05.02

確認、イチロー!

 イチローといえば、キカイダー01だ。

 もう知ってる人も多いかもしれないけど……

 東芝のエアコンや冷蔵庫のコマーシャルに、ちゅらさんといっしょに登場している人、池田駿介さんだ!

 今年はじめごろから、気づいてはいたんだけど、ちょっとしかうつらないわけで、確認できなかったんだよね。けさ、ようやく確信できた。

 そうか~、そういえば、モデルの仕事をされているとのことでした。こういうところに出演してたのね。

 コマーシャルはこういうやつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

メビウス#3

 憎みきれないろくでなしというか。

 すごく、くさいんだよね。あのメイドとか。バードンも出てきただけで、いきなりチープだし。特撮も現代レベルでいうと、ひどくちゃちいし。

 でも、最後には爽快感がのこる。バリアのあの使い方は、昔から知られてはいるけど、映像化したのははじめてじゃないだろか?

 隊員たちも、過去2作にくらべて、最初としてはちゃんと演技できるし。 なにより、個性を出せてる。 脚本もいい。いや、脚本がいいんだな、今回は。それと、設定。細部に神が宿ってる。

 マニューバモード、しおしおのパーっていうのは、やっぱりお笑いのツボなんだろか? 先週につづいてだったので、笑っちゃったけど。

 などなど、かぎられた予算のなかで、快調なメビウスです。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧